事業資金の調達に効果的なファクタリングの特徴
ロゴ

事業資金はどう調達する?話題のファクタリングに注目!

事業資金が必要になる時

一番事業資金が必要になるのは、新しく事業を立ち上げる時です。新しい事を始めるためには、初期設備や不動産など色々なものが必要ですが、それに対して自分で賄える資金は非常に少ないです。

事業資金が調達できる機関

他の会社に出資してもらう

出資とは、返さなくても良いお金を援助してもらうことです。他の会社から出資してもらうためには信用や実績が必要ですが、返さなくて良いのは楽です。

銀行に融資してもらう

融資とは、返さなければならないお金を援助してもらうことです。しかし少額なら簡単に審査が通るので、使い勝手が良く、中小企業でも援助が受けられます。

補助金を貰って法人を立ち上げる

独立のために事業資金が欲しいなら、国や市から補助金を貰うという選択肢もあります。国からの補助なら、資金援助だけでなく経営の相談やアドバイスも受けられるので、最適です。

ファクタリングで運用をスムーズに

すぐに資金調達が必要な場合は、ファクタリングという選択肢もあります。ファクタリングとは、債権を業者に売ることです。この方法なら、最短で当日には現金が手に入ります。

事業資金の調達に効果的なファクタリングの特徴

硬貨を積む男性

今注目のファクタリング

ファクタリングは、日本ではあまり認知されていませんでしたが、海外との取引が増えるにつれて使用頻度が増えてきました。そして、融資では金利が10%を超えるのに対してファクタリングなら手数料が3%程度で済むこと、資金がすぐに手に入ること、そして借金ではないので首が回らくなる危険性がないことなどから、人気の事業資金調達方法となっています。

ファクタリングのメリット

事業資金を手早く獲得するのはファクタリングの一つの目的ですが、このサービスにはもう一つ大きなメリットがあります。それは確実に売掛金を回収できるということです。特に海外との取引では、売掛金を回収するのに多額のコストがかかったり、トラブルが発生して回収できないリスクが増えます。しかしファクタリングは、債権を売ってお金を得るので、売掛金回収はファクタリング業者が行うことになり、コスト削減とリスク軽減が図れます。

ファクタリングの利用方法

ファクタリングの利用手順は非常に簡単です。利用するためにはまず、売掛金を回収したい企業がファクタリング業者に債権を提示します。業者はそれを購入し、まず前払いとして何割かを企業に支払います。そして業者は売掛金の回収後に、後払いとして残りの金額を渡してファクタリング完了です。面倒な審査や調査は必要ありません。

実際に事業資金の調達をしたことがある人達の口コミ情報!

出資で助かった

取引先でお世話になっている企業に出資して頂きました。新事業による先方の利益をプレゼンテーションしたお陰で快く了承してくれたので良かったです。

潰れずに済んだ

私は資金が足りなくて会社が倒産しそうな時に、ファクタリングにお世話になりました。融資と違って会社に対する審査がないので、潰れそうな状況でも資金調達が出来ました。

使って安堵した

私の企業は海外との取引では必ずファクタリングするようにしています。そのお陰で以前、資金回収が上手くいかなかった時、ファクタリング業者から前払い金だけは貰っていたので損失が少しで済みました。

融資を受けても借りは作らない

融資の良いところは、取引先に借りを作らなくても資金調達ができる点でした。相手は銀行なので、信用を失ったり自分の事業に口出しされる恐れもなく、安心して資金調達出来ました。

認めてもらうのが大変

融資を受ける際、自分の返金能力を示さなければならず、手続きや書類集めに苦労した記憶があります。しかしそれは借りた側が返せなくて倒産するのを防ぐためであり、むしろ調査してもらって良かったと考えています。

広告募集中